・農薬について

菜処「てんてこまい」では、自然界のバランスや自然エキスを利用することで、農薬はほとんど使いません。

 

しかし、農薬を完全否定している訳ではなく、使わなくても良いのであれば、使わずに栽培したいという考えです。

 

農薬は、かつて大勢の人類を飢餓から救っています。1800年代、アイルランドで発生したジャガイモ大飢饉は、たったの2年間で100万人以上の死者をだした大飢饉だったと言われています。

 

この大飢饉の原因は、じゃがいもの伝染病によるものでしたが、この大飢饉をきっかけに農薬の研究が進み、これまでも人類の食料確保に大きく貢献してきました。そして、この時の大飢饉を救った農薬は「ボルドー」と言います。この農薬は、現在でも非常によく使われており、日本では有機JASで使用を認めれられている、安全で効果のある農薬とされています。

 

農薬は人を助けることもあれば、人を傷つけることもあります。農薬の使用については賛否両論ですが、菜処「てんてこまい」では、基本的に使用しないことにしています。また、万が一使用する場合でも、有機JASの基準を満たすものを使用し、ホームページ等でご連絡いたします。

 

前のページに戻る