・農薬について

菜処「てんてこまい」では、

自然界のバランスや自然エキスを利用することで、なるべく農薬の使用を抑えています。

 

しかし、私達は農薬を完全に否定している訳ではありません。

使わずに栽培できるなら、その努力は惜しまない。と思って栽培しています。

農薬の悪い側面だけが、よく取り上げられていますが、

農薬はこれまで多くの人類の命を支えてきた事実もあります。

 

 

農薬は、かつて大勢の人類を飢餓から救っています。例えば、1800年代にアイルランドで発生したジャガイモ大飢饉は、たったの2年間で100万人以上の死者をだした大飢饉だったと言われています。

 

この大飢饉の原因は、

じゃがいもの伝染病によるものでしたが、この大飢饉をきっかけに農薬の研究が進み、これまで人類の食料確保に大きく貢献してきました。そして、この時の大飢饉を救った農薬は「ボルドー」と言います

この農薬は、現在でも非常によく使われており、日本では有機JASで使用を認めれられている、安全で効果のある農薬とされています。

 

前のページに戻る