・自然界のバランスについて

菜処「てんてこまい」では、自然界のバランスを考え、畑作りをしています。自然界では、多様な生物達がお互いを支えあい、バランスのとれた生態系を築き上げています。

 

しかしながら、畑では、単一の植物が優先して生活するため、そのバランスは乱れています。そこで、菜処「てんてこまい」では、この自然界のバランスをお手本にして、自然界に近い畑作りを目指しています

 

例えば、菜処「てんてこまい」では、トウモロコシ、エダマメ、カボチャを一緒に栽培しています。なぜ、そんな事をするのでしょうか?

 

その秘密は、植物の根っこにあります。トウモロコシの根が真っすぐ地中深くまで伸びるのに対し、エダマメやカボチャの根は、主に地表面に沿って伸びています。これにより、お互いの根が干渉することなく、適度に根圏菌の多様性を保ちながら、成長することができるのです。

 

特に、エダマメの根には根粒菌が住みつくため、地中の窒素量が多くなり栄養が多い土壌になるといわれています。さらに、トウモロコシの害虫であるアワノメイガの天敵がエダマメに住みつくため、農薬の使用を減らす効果も期待できます。

 

また、エダマメやカボチャは夏の強い日差しが苦手です。そのため、背丈の高いトウモロコシにより、適度に直射日光を遮られた方が、エダマメやカボチャが良く育つといいます。この知恵は大変古くから利用されており、アメリカの先住民であるインディアンは、ずっと昔からトウモロコシとカボチャを同じ場所に植えていたそうです。

 

このように、自然界のバランスを考えることで、植物がお互いの成長を助け合うだけでなく、農薬の使用を抑えることができます。菜処「てんてこまい」では、このような古くからの知恵を利用し、元気で強い野菜を育てています。

 

前のページに戻る