・自然エキスについて

菜処「てんてこまい」では、野菜の栽培に自然の植物から抽出した自然エキスを活用しています。これにより、農薬の使用を抑え、元気で強い野菜を育てています。

 

ここでは、自然エキスには、どのような植物が使われているかをご紹介いたします。

 

自然エキスの材料には、とても身近な植物を使っています。例えば、ドクダミ、マツ、スギ、クスノキ、ニンニク、トウガラシ等から抽出します。これらの植物はどれも非常に独特な香りを持っていますが、この香りの正体こそが植物を守る成分です。

 

具体的には、アルカロイド」、「フェノール」、「テルペン」、「硫黄化合物」がこれらの香りの正体になります。それでは、もう少し馴染みやすい名前でそれぞれの成分をご紹介していきます。

 

「アルカロイド」の例としては、トウガラシのカプサイシンやコーヒーのカフェインがあります。

他には医療現場で使われるモルヒネや、マラリアの薬として使われるキニーネなども「アルカロイド」 です。使い方によって毒にも薬にもなるような成分です。

 

「フェノール」の例としては、ポリフェノールが有名です。フェノールは抗菌作用があり、さまざまな病害菌の抗菌に使用します。お茶の殺菌効果もこのポリフェノールが主役です。

 

「テルペン」の例としては、ミントに含まれるメントール、クスノキの樟脳があります。タンスの虫よけとして、クスノキの樟脳が使よく使われています。私たちにとってはいい香りですが、虫はこの香りが苦手なようです。

 

「硫黄化合物」の例としてはニンニクのアリシンがあります。とても強い抗菌作用と害虫忌避作用があります。他にも、ニラやネギも同様な成分を持っています。

 

菜処「てんてこまい」では、これらの成分を上手に抽出し、自然エキスとして活用することで、農薬を抑えた栽培に挑戦しています。

 

前のページに戻る